ネコの人生の物語。

冬に生まれた

放課後の王子様の5巻が出たよー!

 

 

そうなんです。テニスの王子様のスピンオフ漫画、「放課後の王子様」の5巻が出たのです。

何と言っても私にとってテニスといえば2017年ニコ動最初期に「ミュージカルテニスの王子様」にどはまりして以来の作品…(もう10年も前なことにビビっている)

舞台に足を運び、映画があると聞けば映画を観、ライブがあると聞けば馳せ参じたものです。

「大好きなテニス、かけがえのないテニス、愛してるぜテニス」なのです。(ミュージカルの歌詞からの引用ですよ)

 

なにぶん新テニスの王子様が始まってからは追いかけ切れていないのが悔やまれる。

 「放課後の王子様」は「テニスの王子様」を読まず、初見で読んでもなんのことかきっとわかってもらえないと思う。

 

しかし、しかしですよ!スピンオフ漫画で読みやすく、ギャグもわかりやすく、たまにマニアックなところついてくるしキャラ愛が溢れている。そして何より朗らかなのだ。

もしよかったら、「テニスの王子様」全42巻を読んだ方「放課後の王子様」を読んでみてくださいね。「テニスの王子様」を途中で脱落した方も、きっと今まとめて読んだらおもしろいと思うので読んでみてね。

あとテニミュの歌たくさん歌えるからカラオケ行ったら歌わせてね。

落合陽一さんの本を読んだので

読書感想文でも書くべきなのかな。

 

読んだのは

 

これからの世界をつくる仲間たちへ

これからの世界をつくる仲間たちへ

 

 

 

超AI時代の生存戦略 ―― シンギュラリティ<2040年代>に備える34のリスト

超AI時代の生存戦略 ―― シンギュラリティ<2040年代>に備える34のリスト

 

 

この2冊だったんだ。

Kindle版で読んだよ。

だってなんか本っていう媒体が似合わないなって思ったから。

でも紙で読んでもいいと思うよ。

 

 

その時らへんのツイート。

 

 

そうなんだよね、本読んでやってみようと思ったのは今までの続きで、それでいて新しいことだったんだよね。

私は絵画もやるんだけど絵画はなかなかテクノロジーとミックスするには向かない媒体かもしれないね。絵の具をどうにかするテクノロジーだろうか。それとも鑑賞者に関わっていくテクノロジーだろうか。

 

映像や音楽の分野と少し違うと思うんだよね、絵画。絵具で描かれた絵。

もしかするともう絵具で描くのは人間の仕事じゃないのかもしれない。

絵具がどうしても使いたいって思わなかったらCGでいいわけだし。

そんなことしなくても綺麗な絵をコンピューターはCGで描き出してくれると思う。

 

そんなこと言ってコンピューターの出先機関みたいな事務仕事やってて、この仕事なくなっちゃうかなとか考えたけど、多分すぐには無くならない。導入コストが大きいものはなかなか受け入れてもらえないし、そういう仕事をやってる人は得てして変化を嫌うからな。

でもフリースタイルな問い合わせフォームなんかやめちゃえばいいのにな。

 

何を必要として行きていくかもっと考えたら事態はシンプルになるだろうか。

これは私の考えだけど、目的とか目標ってのはシンプルな方がいい。

ごちゃごちゃ考えたって進む力が分散するだけに思える。

私のやりたくないことはコンピューターがやってくれたらいいのに。

とにかく進む力をつけよう。私は人より10年遠回りしてきた自覚があるから。

5年くらいで取り戻せたらいいなーなんてね。

最近思ったことのいくつか

能力のある人の言ってることって一瞬わかんないんだけど、それを解読するとだいたいなるほどねってなる。

 

頭よくなりたい。計算能力とかどこに置いてきたのかわかんない。

 

人間関係をどうしたらいいかわかんない。ほっといたらいい気がする。

 

私の占いが人の人生に影響を与えた事実。

 

不思議なことは起こるんだよね。

 

夏なので大人しく過ごそうと思う。夏の暑い時に無理すると回復しにくいんだ。

心はポヨンポヨン弾んでる。夏だから。

プラユキ先生の瞑想会でマインドフルネスを体験したよ

こんばんは。前々から気になっていたマインドフルネス、自己流じゃなく誰かの話を聞いてみたいと思い、初めて瞑想会に参加しました。特上ネコ(あいう)です。

 

ご縁があって、プラユキ先生の瞑想会に行きました。

ご本人のツイッターです。

プラユキ・ナラテボー(公式) (@phrayuki) | Twitter

 

呼吸瞑想、手動瞑想、歩行瞑想をやりました。

その中でいつも言われていたことが、雑念や妄想は出てきてもOKってこと。OKっていうのは出てきたなーって認識することだと思った。認識したらまた瞑想の状態に戻る感じ。

心をニュートラルの状態に戻すトリガーとして瞑想ってのがある感じに思った。

すなわち私が時々呟いてる「お守りの図形」とそう大して変わらないのではないだろうか。

「お守りの図形」は「自分の精神状態が、落ち着いていて冷静で、軸の上に立っていることを意識できる状態」へ戻るためのトリガーなんだけど、瞑想もそういう効果があり、今ここを意識するというのは過去と未来について現在の自分の心の中で想起されている物語を切り離すってことだと解釈した。

 

それから質疑応答タイムでプラユキ先生が「実力があるなら状況を変えていくことも勧める。そういう実力がないのであれば逃げたり避けたりすることを勧める」と言っておられた。

瞑想だけで全部の物事がよくなるわけじゃないということもわかってきた。

すなわち実力を強く発揮するために瞑想が役に立つのではないか。

やはり問題を解決するのは知恵や知識を伴う実力であり、心の持ちようだけではないなーなどと思った。

ニュートラルで軸に立った精神状態で実力を行使すると強いってこと。

 

 

人に教えてもらってマインドフルネスやるの面白かった。

専門家はやっぱいろんな知識と経験持ってる。

これは先週のハッカソンのことも同じだけど、知らないことって知れないからまず何を知らないか教えてもらうのが学習の一歩だな。

算数とかで何がわからないかわからないと言ってた私も突き詰めれば、具体的にわからないことをあげられたかも知れないな…などと思う。

 

手動瞑想は小さい動きでもできるとのことなので、ちょっと気付いたらやってみよう。

f:id:yoji200:20170423213130j:image

f:id:yoji200:20170423213140j:image