ネコの人生の物語。

冬に生まれた

ソードアートオンラインをみて、子供の頃の話をする

ソードアートオンライン オーディナルスケールを観てきました。

特上ネコ(あいう)です。こんばんは。

 

今日はその映画の感想を書くか迷った結果、別なことも書きます。

SAOのARのゲームシーンはIngress味もありとっても楽しそうでした。やってみたいなーって思ってました。ストーリーは展開し、ゲーム内で命の危険が発生し、死ぬとか殺されるという話に入って、ついていけなくなりました。

もともとSAO初見だったので、そういう話とは知らなかったのもあったのですが、ゲーム内で命のやりとりが起こる→それに立ち向かうチームという流れが、つらくて。

だって死にたくないし、死ぬときは大体苦しむことになるので、ゲームでも死にたくないです。死ぬ話は置いといて。

立ち向かっていくチームって、なんというかそれぞれ役割がありますね。

役割って時間をかければそれだけフィックスしていくというか、後から来た人はよっぽど強くないと仲間にしてもらえないんですよね。だからきっと今日初見の私には入り込めない世界なんだなと思ってました。

役割ってそれぞれが共有した時間の長さによってもヒエラルキーがつきますね。

何が言いたいかというと、子供の頃おままごとで「家族」になれなかった私は、今でもゲームでの仲間にしてもらえないのかなあという気持ちが膨らんでしまったのでした。

ゲームでのってほらIngressとかコミュニティあるゲームじゃないですか。

これからはそういうコミュニティを形成していくゲームって増えるんじゃないかなーと予想してるんですけど(当たらなかったらごめん)、人のつながりの中で役割を演じることができなかったら、隅っこをついていくことになるんだなって思う。

子供の頃の話に戻るけど、おままごとの役割ってヒエラルキーもあるし、周りが認めないとその座に座ることができないです。幼稚園の頃休みがちだった自分に回ってくるのは、犬、猫などのペット、木、鯉のぼりなどの無機物ばかり。あぶれてたんですよね、毎日いるわけでない人間がポッと来ても座るべき椅子がない。

毎日必死にログインして実績を稼いでおかないと、椅子はない。そうですね。

Ingressでも同じようなことは起こってるなあああなんて勝手に思っており、実績がないのでいつまで経ってもやりたいポジションを奪えないんだなあ。

つい最近、こういう展開になったら嫌だなと思ってたことが実際に起こり、私はもう実績を作ったり頑張ったりするのを諦めそうになってる。

 

ごっこ遊びの役割さえ演じられないってのは、未だに結構しんどい気持ちにさせるものですね。

やっていきましょう。(真似)

おわり。