ネコの人生の物語。

冬に生まれた

私は全然元気じゃなかった

今は割と元気ある方です。こんばんは、特上ネコ(あいう)です。

ちょっと前まで私は本当に精神的にも体力的にも全然ダメで元気じゃなかったんです。

それは動けば解消されるものだと思っていて、人に相談したり、夜中に潮岬に飛び出したりしてました。

でも全然ダメで原因もただの体力低下かと思ってたけどどうも違うっぽくて考えてた。

でも今は憑き物が落ちたみたいになってる。

 

今日は本を読みました。

 

認められたい

認められたい

 

 

この本は読みましたか?

まだの人は読むといいと思います。

承認欲求と所属欲求の話、コミュニケーション能力の話なんかがわかりやすく書かれています。

この本の中でなるほどねって思ったことがあります。人と人との間合いは変化していいってこと。急激に間合いを詰めるとトラブルになりやすいこと。それから「雨降って地固まる」みたいな人間関係を目指していくのは間違いじゃなかったのかもと思います。

結局、私は間合いの取り方が下手くそなんだと思うのです。

雑談大好きで、誰とでも仲良くする風を見せて、そのくせ他人を悪く言ったりもする。それって一見コミュ力ありげに見えるのかもしれない。

でも本当は、ずっと恐れてることもあるし、人に嫌われたくないし、認められたいと思っている。

私は人に良い人と思われたいし、何かに所属したいんだなってラベルをつけることができたのでした。

 

Ingressやってると自称コミュ障とか、個性を出そうとして無個性になってしまう人なんかを見かけるけど、そういう人にも読んでみて欲しいなあ。

きっと不安の元にラベルをつけられるんじゃないかなあ。

名前をつけた事柄って意識しやすいので、変えていくときや育てていくときに役に立ちますよ。